PEDIATRIC

小児歯科

tel

小児歯科

はじめての治療は練習から

何をされているか分からなくて怖いというのが、お子さまが治療できない理由の一つです。 道具を見せて、手順を見せながら魔法の言葉(プラスの言葉)を使って治療をすすめていきます。お子さまの自信を何よりも大切にしていきたいと思っています。

キッズ診療室も完備

歯医者さんの椅子に座れない子はキッズ診療室(歯医者さんのドリルのないお部屋)で歯ブラシから楽しく練習していきます。 緊急の痛みの強い場合をのぞいて、無理やり押さえつけて治療することはいたしません。

パパ・ママと一緒に入室OKです

小さいお子さまの場合にも保護者の方にしっかり説明をして、どんな治療をするのかそばで見てもらいたいので お子さまと付き添いで診療室に入ってもらって大丈夫です。 きっと見ていただくことで安心できると思います。(ただし、保護者の方がいることでかえって甘えて治療ができない場合のみ分離させていただくことがございます。)

お子さまのむし歯が多い原因は、乳歯の歯に凹凸が多く、むし歯の原因となる細菌が繁殖しやすい環境があるからです。凹凸を少なくするシーラントや細菌への抵抗力をつけるためのフッ素塗布、日々の歯磨きなどを、継続的に行うことが予防につながります。 また、細菌の感染経路は、周りの大人であるケースも多いため、ご家族の歯の状態もお子さまの歯の健康にとって非常に大切です。

シーラント

シーラントとは奥歯の汚れが溜まりやすい溝を、歯科用プラスチックで埋める処置のことをいいます。 歯ブラシが届きにくい奥歯はむし歯になる可能性が高いことから、シーラントで溝を埋めることはむし歯予防には効果的です。

フッ素塗布

歯質を強化する効果があり、むし歯への抵抗力を高めるためお子さまの虫歯予防に有効です。 特に乳歯や生えてきたばかりの永久歯は柔らかく、むし歯になりやすいので歯科医院で定期的にフッ素を塗布することが大切です。

ブラッシング指導

毎日のブラッシングは、自分でできる歯の予防です。むし歯になりやすい場所はどこか、どのようにブラッシングをすればよいか適切な歯磨き方法をアドバイスします。 小さな頃から正しいブラッシングを行うことで、健康的な歯を保つことができます。

噛み合わせについて

気になる噛み合わせは、早めに相談

お子さまの歯並びについて気になる方も多いと思います。 大人になってからの治療より、成長を利用できる小児治療の方が負担が少なく済むことが多いです。 噛み合わせが悪いと、磨き残しができてむし歯になりやすかったりあごの発達に影響をおよぼすことがあるので、お子さまの歯を守るためにも 不安や疑問があればお気軽にご相談ください。

  • くるみ歯科こども歯科 Facebook
  • くるみ歯科こども歯科 instagram
  • WEB予約
  • ページの先頭へ戻る