診療時間 9:00-13:00 / 14:30-18:00
[休診日] 木・日曜、祝日
※祝日のある週の木曜日は診療します。

医院ブログBlog

歯周病の怖さを知っていますか?

みなさん、こんにちは📣
くるみ歯科こども歯科の院長 竹中 純子です!!
暑さが厳しい1日でした。いよいよ夏もすぐそこまできていますね

            🦷

今日は、歯周病についてのお話しさせていただきます。
みなさん歯周病って、どんな病気か知っていますか

歯科のなかでは、虫歯と並んで2大疾患とも言われています
歯周病は日本人の約8割がかかるといわれており、40歳前後からは特に要注意です!
あまり自覚症状がないため、気づかない間にゆっくり、でも確実に進行します😨
放置すると他の歯だけでなく全身に悪影響を及ぼすため、早期発見&治療が大切です!

歯周病が全身に及ぼす影響は、例えば・・・
 糖尿病
 誤嚥性肺炎
 心臓疾患・脳血管疾患
 妊娠性歯肉炎や低体重児早産
 骨粗相症
などが挙げられます。

特に糖尿病は症状の悪化に歯周病が関係しており、
歯周病治療で糖尿病が改善するとも言われています


歯周病の原因は、歯垢(プラーク)です。
歯垢は細菌の塊で、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきのすき間に潜んでいます👿
この細菌が出す毒素によって歯ぐきに炎症が起き、歯周ポケットが深くなります。
炎症が拡大すると、歯根膜や歯槽骨が破壊されはじめ、歯を支えることが難しくなり、
やがて歯がぐらつき、最終的に抜けてしまうこともあります😱

みなさん、このような症状はありませんか?
まずはセルフチェックしてみましょう

 □口の中がネバネバする
 □歯磨きをすると血が出る
 □歯肉が赤く腫れている
 □口臭が気になる
 □歯肉がむず痒い、歯がぐらぐらする
 □歯と歯の間に隙間ができたり、食べ物がよく詰まる
 □かたいものが噛みにくい
 □歯が長くなったような気がする

3〜5つ当てはまる方
👉歯周病の可能性が潜んでいます!予防をしっかりしましょう✨

6〜7つ当てはまる方
👉すでに歯周病が進行しているかもしれません💦

8つ全部当てはまる方
👉歯周病の症状がかなり進んでいるかも💦危険サインです

そもそも・・・1つでも当てはまった方は、
その症状について一度、歯科医院でしっかりチェックしましょう💡
定期的な検診でお口の状態を知ることが、健康な口腔環境への第一歩です



歯周病の怖さはわかったけど、じゃあ歯周病にならないための予防方法って
もし歯周病になってしまっていたら、どんな治療をするの

というお話については、次回のブログでご紹介させていただきますね😊🦷


くるみ歯科こども歯科のオリジナルキャラクターです。

当院では、お子さまに楽しく歯医者へ通っていただき予防治療を行う
「くるみカムカムクラブ」という活動を行っています
カムカムクラブについて、詳しくはこちらをご覧ください。